間違ったトレーニングにならないため

背筋を伸ばしてトレーニングに励もう

背筋を伸ばすのが正しい姿勢

筋肉を鍛えることに集中して、自分がどんな姿勢なのかわかっていない人が多いです。
1度鏡の前でトレーニングをして、自分の姿勢を確認してください。
どんなトレーニングでも、背中が丸まっていたら効果を発揮できません。
背筋を伸ばすことを意識しましょう。
スクワットをする時は、特に姿勢を意識してください。

膝を曲げる時に背中が丸まっていると、正しい負荷を与えられません。
どうしても背中が丸まる人は、足の開き具合が足りていない可能性があります。
肩幅ぐらいに、足を広げてください。
また膝を曲げすぎないよう注意しましょう。
足の爪先より前に、膝が出ないよう曲げるのが正解です。
鏡を見ながらトレーニングすることで、間違いに気づけます。

トレーニング器具を使う場合

ベンチプレスなどは、補助を使える場合があります。
補助を使うと、あまりトレーニングにならないと思っている人がいるでしょう。
ですが補助しないと身体に与える負担が大きくなって、筋肉が無駄に傷つきます。
補助をつけることで、変な部分に力が入ることを防げます。
効率良く身体を鍛えるためには、補助が必要不可欠だと思ってください。

補助をつけるトレーニングでは物足りないと思った時に。補助なしで挑戦してみましょう。
ジムに行って、トレーニングをする予定の人が多いと思います。
どんなトレーニング器具があるのか、前もって調べてからいきましょう。
補助がないトレーニング器具は、初心者には向いていません。
別のジムを探してください。


TOPへ戻る