間違ったトレーニングにならないため

休憩しながら鍛えるのがポイント

筋肉を発達させる仕組みを知る

トレーニングをすると、一時的に筋肉が傷つきます。
回復する時に、筋肉が増える仕組みになっています。
つまり休憩をしている時が、筋肉が増えるタイミングになります。
間違ったトレーニングをしていると、筋肉を増やすタイミングを失うと覚えておきましょう。
長時間トレーニングをする際は、1時間に10分から15分の休憩を挟むのがおすすめです。

休みすぎると、効果がなくなるので気をつけてください。
10分程度の休みが、トレーニングに最適だと言われています。
適度に休んでから、再びトレーニングに取り組みましょう。
体力が回復しているので、難しいトレーニングもできます。
たくさんトレーニングをした翌日は、身体を休めることに専念しても良いでしょう。

最後はストレッチをしよう

いきなり、トレーニングを終わらせないでください。
最後はストレッチをして、身体に溜まった疲れを取ってください。
ストレッチをするだけで、筋肉の回復するスピードが早くなります。
またトレーニングを始める前にもストレッチをして、身体をほぐすのがおすすめです。
最初は身体が固まっているので、上手くトレーニングができないと思います。
固いままでは、ケガにも繋がるので良くありません。

ケガをすると、しばらくトレーニングができなくなります。
せっかくこれまでトレーニングを継続していたのに、ケガが原因で終了してしまったらもったいないです。
正しいトレーニングをするため、ストレッチから始めて、ストレッチで終わることを心がけてください。


TOPへ戻る